工場のバイトをすることで品質管理の基本を知ることができる

工場のバイトをすることで品質管理の基本を知ることができる

工場のバイトで品質管理の厳しさを学ぶ

ニュースなどを見ていると工業製品であっても食品であって、工場で生産されたものが世の中に不良品として出回ってしまうと大変なことになることがよくわかります。そのため、以前にも増して、企業は品質管理に対して力を注ぐようになってきています。工場でバイトをする時は、その厳しくなった品質管理関連の要求をクリアしながら仕事をしなければいけません。しかし、そういった経験をすることで品質管理の大切さを学ぶことができるでしょう。


工場のバイトでのシフト間の引き継ぎと品質管理

工場によっては24時間体制を引いていたり、早朝から深夜まで稼働させているところも珍しくありません。特に、景気が回復してくると稼働が伸びてくるため2交代、3交代のシフトを組むこともあるでしょう。そういったシフトを組んでいる工場でバイトをする時には、シフトの交代時に品質情報の引き継ぎがあるはずです。そういった情報のやり取りを行いながら工場全体としての品質管理レベルを保つ取り組むが行われていることがわかり勉強になるでしょう。


工場のバイトで体験する一定品質確保の困難さ

工場のバイトの定番の業務としては、組み立て作業があります。作業指導を受けて作業をスタートさせてみると、自分が組み立てたものの出来具合にばらつきが生じていることを感じるかもしれません。もちろん、自分が確認する基準があればダメなものははじくことになるでしょうが、許容範囲であればどんどん先に流していくでしょう。自分で作業をすることよって、作業の習熟度と時間経過による疲労がばらつきにどのように関係しているかを研究してみると、作業の上達に繋がり品質向上に貢献できるかもしれません。



工場の求人は工業団地が多い地域や3月から4月の異動が多い時期に見つかるので積極的に応募をすると良いでしょう。